野瀬歯科 大阪市東住吉区 近鉄南大阪線「針中野駅」近く 歯周疾患、むし歯予防、かみ合わせ、口腔乾燥症、口臭、嚥下障害など

野瀬歯科

紫外線が体に及ぼす影響

 

昔は夏になり日焼けした子供の小麦色の肌が健康のシンボルといったイメージがありましたが今は紫外線が体に悪影響を及ぼす事がわかってきました。紫外線の悪影響は「しみ・しわ・頭髪のダメージ」などの美容面だけでなく、紫外線アレルギー(湿疹)、皮膚癌、白内障の発症率を高め、皮膚の免疫力を低下させ感染症になりやすくなるといわれています。

 

紫外線にはカルシウムの吸収を助けてくれるビタミンDを合成してくれるというメリットもあります。しかし、合成に必要な一日の紫外線量は5〜10分紫外線を手のひらや手の甲に浴びたり、日陰で30分過ごす程度で十分と言われています。母子手帳から日光浴のすすめがなくなったのも紫外線のメリットよりもデメリットのほうが大きいことが明らかになったからでしょう。

 

アメリカやオーストラリアなどは紫外線の悪影響、有害性を早くから認識し、子供の頃からUVケアを徹底しています。日本は紫外線に対する意識、対策がかなり遅れているのが現状です。実際はいかにして若いうち、子供、時からUVケアを行うかが、大人になってからの美容、健康に大きく関わってきますので、いつまでも若々しく健やかなお肌を保つために紫外線対策をしっかりと行いましょう!


紫外線の種類・作用

 

UVA

UVAは波長が長くUVBの1000倍地表に届くといわれています。数日後に肌が黒くなるサンタンを引き起こすだけでなく、波長が長いため皮膚の真皮にまで届き活性酸素を発生させ、しみ・しわの原因となります。雲やガラスを通り抜けやすいので曇りの日や家の中でも注意が必要です

UVB

UVBはUVAよりも波長が短いため真皮までは届きませんがUVAよりも強いエネルギーをもっていますので日焼け後、皮膚が赤くひりひり痛む日焼けサンバーンを引き起こします。表皮細胞を傷つけるため皮膚がんやシミ、白内障、免疫力の低下などの原因となります。

UVC

最も強力で有害といわれているのがUVCです。

今はオゾン層に吸収されているため地表には届いていません。



紫外線対策

 

サンスクリーン剤

2〜3時間ごとにぬりなおすと効果的です

SPFとPA

UVカット化粧品などにSPFとPAと表記されていますよね。

SPFとはUVB、PAとはUVAを防ぐ数値になります

 

帽子

帽子を選ぶのであれば、顔、首、頭全体を覆ってくれる「ツバの広い帽子」が理想的です。外出時は子供はもちろん大人も帽子を被ることでかなりの紫外線対策(UVケア)効果がえられますし、直射日光を遮ってくれ日射病予防にも繋がります

 

日傘

日傘をさすことで上半身のほとんどを紫外線から守ってくれます。しかし横から反射した紫外線を浴びることになるので、手にはUVカット仕様の手袋やサンスクリーン剤を使用して、柄の部分をできるだけ短く持ち、傘と顔の部分の間に隙間ができないようにすることが紫外線対策としては重要となります

 

サングラス

UVカット加工がされているものを選ぶことで大事な目を守る効果が期待できます。レンズが小さいと上下左右から紫外線が入ってくる可能性が高いのでできるだけレンズの大きいものやゴーグルタイプを選ぶと効果的です

 

他にも様々な紫外線対策グッツが市販されているので

ぜひ活用してみてはいかがでしょうか♪



野瀬歯科
〒546-0013 大阪府大阪市東住吉区湯里6-2-23ネオコーポ東住吉1F
06-6705-3554

Copyright (c) Nose Dental Clinic All Rights Reserved.

歯科専用ホームページ.com