野瀬歯科 大阪市東住吉区 近鉄南大阪線「針中野駅」近く 歯周疾患、むし歯予防、かみ合わせ、口腔乾燥症、口臭、嚥下障害など

野瀬歯科

コラム第30回



第三十回「一段落のデング熱」と「秋の花粉症」 

1年のうちで一番過ごしやすい季節。

でも、つい最近までデング熱が巷で話題になっていました。

身近なが媒体となって起こる病気ですね。

発症率は2050。症状は急な発熱頭痛で重症化することはごく稀ということですが、どこで刺されるか、いつ刺されるかわからず、不安になりますね。

今年はもう蚊もいなくなっていると思いますが、来年のためにも知識を身につけておきたいものです

ヒトスジシマカの活動期は5月〜10月頃、ボウフラ対策として植木鉢の受け皿に水をためないなど、個人でも注意しましょう!



次に花粉症ですが、最近スギ花粉の方に朗報が!

スギ花粉症完治できる治療法が保険適用される事になったとか。しかも1日1回自宅でたった2分。「舌下免疫療法」です。



実は私も花粉症なのですが、私の場合スギとヒノキの両方なので、効果はあまり期待できない様です。残念。

そこで気になるのが花粉症のお薬を飲む時の副作用です。

私は花粉症の薬を飲む季節になると「口の渇き」を実感します。やはり第一世代抗ヒスタミン剤とステロイドにはそれがあるようです。職業がらドライマウス(「口の渇き」)には敏感でその対策法としてNo.1歯磨きなのです。口の中が不潔な状態が続いていると唾液の分泌を妨げてしまいます。花粉症のシーズンには歯磨きの回数、時間を増やすという事も大切です。(キシリトール配合のガムを噛むという事も有効です。)



皆さん日々健康に楽しくすごせたらステキですね。




DH 島津

野瀬歯科
〒546-0013 大阪府大阪市東住吉区湯里6-2-23ネオコーポ東住吉1F
06-6705-3554

Copyright (c) Nose Dental Clinic All Rights Reserved.

歯科専用ホームページ.com