野瀬歯科 大阪市東住吉区 近鉄南大阪線「針中野駅」近く 歯周疾患、むし歯予防、かみ合わせ、口腔乾燥症、口臭、嚥下障害など

野瀬歯科



第十八回 「メタボリックシンドロームと歯周病」
メタボリックシンドロームの診断基準は、ウエスト(へその位置の腹囲)男性85cm以上、女性90cm以上で
以下の1〜3の2項目に当てはまるとメタボです。
1、 高血圧 収縮期が130mmHg以上かつ、または拡張期が85mmHg以上。
2、 高血糖 空腹時血糖が110mg/dL以上。
3、 脂質代謝異常 中性脂肪150mg/dL以上かつ、またはHDLコレステロール40mg/dL未満。

メタボは、肥満の上に高血圧、高血糖、脂質代謝異常のいずれか2つに該当している状態をいいます。
メタボになると、動脈硬化が進行して血管壁にコレステロールがたまったり、過剰な糖分が血管壁を傷つけたり、血管がもろく硬くなり、詰まってきます。
やがて、脳梗塞や心筋梗塞を起こす原因になります。血管をつまらせたくなかったら、食生活を改善し、運動を心がけることです。満足するまで食べずに腹八分目に。
1日1万歩を目標に普段の生活の中でも歩くことを心がけて下さい。
★メタボと歯周病は深く関係しあっています★
メタボの基準となる高血糖とは糖尿病のことです。
高血糖を指摘されても、ほうっておく人が多いことが、この病気の最大の危険因子です。メタボと糖尿病はお互いに悪化因子を増悪させます。

歯周炎(歯肉の炎症の深いもの)により、TNF−αというインスリン抵抗性を増大させる物質が分泌されるのが促進され、糖尿病の悪化を結果します。

☆歯科医・衛生士がメタボの予防をお手伝いします!!

歯垢が固まって歯石ができると、歯ブラシなどを使っただけでは落とせなくなります。
歯石は細菌の棲みかで、歯ぐきを刺激して炎症を悪化させます。お口の中の状態をチェックし歯のクリーニングなどを受けることをおすすめします。
特に歯ぎしりの強い方は、歯の小さな割れ目がむし歯の原因になり、歯ぐきや歯を支える骨にも悪い影響を与えますので、定期的なチェックを心がけて下さい。
セルフケアとプロフェッショナルケア(歯科医院での定期的なチェック)を両輪として80歳で20本を達成し、メタボを予防しましょう。
歯科衛生士  島津美代


野瀬歯科
〒546-0013 大阪府大阪市東住吉区湯里6-2-23ネオコーポ東住吉1F
06-6705-3554

Copyright (c) Nose Dental Clinic All Rights Reserved.

歯科専用ホームページ.com