野瀬歯科 大阪市東住吉区 近鉄南大阪線「針中野駅」近く 歯周疾患、むし歯予防、かみ合わせ、口腔乾燥症、口臭、嚥下障害など

野瀬歯科



第十五回 「舌−運動−」
皆さんはおいしく毎日食事を楽しめていますか?
以前、味覚についてお話しましたが、
今回は舌の運動についてお話したいと思います。
舌には以前お話した味覚の他に、嚥下(飲み込み)と発声を行う役割があります。
舌はほとんどが筋肉でできていて、その表面を粘膜が被っています。
体の筋肉と同じで、舌も使わないと筋肉が硬くなり、筋力が低下するのです。
今、つばをゴックンっと飲んでみて下さい。
舌が上あごを押しつけるのが分かりましたか?

今、「タカラ」と声に出して言ってみて下さい。
きちんと発声出来ましたか?
どちらか一方でも出来ない方、注意することが必要です。

舌は大きく分けて
      @舌先筋(舌尖部分)

      A舌奥筋(舌根部分)
             に分けられます
つばを飲む、「タカラ」を発音することとの関わりをご説明します。
「タ行」「ラ行」
発声してお分かりになると思いますが、舌の先を使います。このとき@舌先筋を動かします。
上手に発音できない場合、食べ物を歯で咬み、飲み込む前にのどに食べ物を送り込むという動作が困難になります。

「カ行」とつばを飲む
発声してお分かりになると思いますが、舌の奥を使います。このときA舌奥筋を動かします。
つばをゴックンと飲み込んだときも舌奥筋が動きます。舌奥筋が上手に動かない場合、食べ物が飲み込みにくくなり、いつまでも口の中に残り、食事に支障が出てきます。


実は舌はとても大切なものだと分かって頂けましたか?
歯だけではなく口の周りは全て必要なもの達なんです。歯は磨くということで大切に出来ます。舌は筋肉で出来ているので、筋力UPとストレッチをしましょう!

@舌の出し入れ
A舌で上唇、下唇をなめる
B舌で唇をなめ回す、左右回し
C舌で左右の唇の角をなめる
唇を閉じて
D舌の先で唇の内側をなめ回す
E舌の先で左右の頬内側を押す
       それぞれ2回ずつ
F大きく口を開けて「タ・カ・ラ」
「タタタ」「カカカ」「ラララ」と発声する


全てお家でご自分で出来ることばかりです。
体を動かすのと同じように舌も動かして、一生おいしく食事ができるよう
ご自分で大切な宝を守って下さい。

それから、よーくおしゃべりする方!!
舌にとって話をすることはとても良い運動です。
大きな声であいさつし、唇の両方を持ち上げるよう笑顔になることから
お口の健康も保たれているのかもしれませんね。(^▽^)


歯科衛生士 泥谷 愛


野瀬歯科
〒546-0013 大阪府大阪市東住吉区湯里6-2-23ネオコーポ東住吉1F
06-6705-3554

Copyright (c) Nose Dental Clinic All Rights Reserved.

歯科専用ホームページ.com